01_L-lrgb_2_01_starless_contents



オリオン座ベテルギウスの南あたりの領域を撮影してみました。LDN1622は画面中央から左上に流れる暗黒星雲、いるか星雲と呼ばれています。その先っぽの小さい反射星雲はvdB62です。右下の真っ赤な帯はバーナードループです。いつも使うステライメージやフォトショップの他に、恒星を消すStarNet++やノイズ低減ソフトTopaz DeNoise AIを使って処理してみました。

撮影日時:2019年12月28日 22時32分00秒~(全1夜)
光学系:タカハシ,ε130D βSGR(D130,f430mm,F3.3)
カメラ:FLI ML16200
露光時間:Astrodon,L,900sec×16,1×1
     Astrodon,R,225sec×5,2×2 G,225sec×5,2×2 B,225sec×5,2×2【総露光時間:5h56m15s】
架台:タカハシ,EM200 (K-ASTEC AGS-1X改造),ボーグ,ミニボーグ50+QHY5L-II+PHD2オートガイド
画像処理:SI7, StarNet++, Topaz DeNoise AI, PSCC
撮影地:岡山県備前市吉永町(八塔寺)